« 長野県ハギマシコ | トップページ | 千葉県&埼玉県 »

2011年2月 9日 (水)

樹木の花と実に続く

マメガキ:別名:シナノガキ:ブドウガキ、とも言う。
原産国:中国 古く日本到来し、柿渋を取るために
栽培、花冠は吊り鐘形で、葉は4裂しふちに葉毛が
6月頃に総花序をだし付け根に黄白色の花を咲かせ
雄雌別株で果実は1,5㎝位で球形で、霜が降りる
頃には食べられるようになります。

マネガキの花         マネガキの実
Photo_2 Photo_3
ミヤマウグイスガグラ は、ミヤマウグイスカグラの変種
枝や葉は花冠に密生し4~5月頃に枝先、葉腋に淡い紅色
の花1から2個付けろう漏斗形で先端が5列液果は1㎝位
隋円形6~7月頃に赤く熟す表面に腺毛が蜜生する。

 ウグイスカグラ の花     ウグイスカグラの実
Photo_4  Photo_5

|

« 長野県ハギマシコ | トップページ | 千葉県&埼玉県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22710/50819373

この記事へのトラックバック一覧です: 樹木の花と実に続く:

« 長野県ハギマシコ | トップページ | 千葉県&埼玉県 »