« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

長野県ハギマシコ

長野県でハギマシコ、500羽と言う数の群れに出会えて
雪の降る中-3度と言う寒い中の撮影でも1人占めでの
観察さぞ大変でしたと思いますが、喜びの方が大きかった
と思います。

3_21_2

2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

初夏~秋樹木の花と実続く

フサスグリ、スグリ属 花と実
種類の多いのに(@_@。ビックリしました。
フサスグリ、エゾスグリ、トガスグリ、コマガタケすぐり
その他別名での呼び名が沢山ありました。
花は黄色で実は赤く熟し食す事が出来る、日本には
1873年に到来原産地はヨウロッパ
PhotoPhoto_2

セイヨウミザクラの花と実、分布地アジア原産
明治初期に到来、山形、福島、長野県などで栽培
4~5月頃に散形花序に白い花3,4個、花弁は5個
果実は球形で黄褐色、紫黒色に熟し、果実生食又は
果実酒やシロップや薬用にも使われる。
1 Photo_3
ポポの花と実、別名ポーポーポポノキ、アケビガキ
明治時代中期に到来、分布地、北米東部原産
花は下向きに咲き、果実はアケビに似ている暗緑色に
熟し、甘く食す。
Photo_4 Photo_5
ミヤママタタビ花と実、蔓性植物、中部地方、アジア東北部
若木枝は紫色で毛が多く、5~6月頃に葉腋に白い花を咲
かせ雄花は5個、雌花1個で果実はあまとがりはない。
Photo_6 Photo_7
マタタビ、分布地、朝鮮、中国、
花期は枝先の白い花が咲き雄雌科両性で3㎝位の随円形
果実は、猫の好物、塩漬けや果実酒など。
Photo_9Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »